何度も楽しめる葉牡丹

昨年の秋に、バラマキの葉牡丹がキレイで、カルーナと一緒に寄せ植えにしていました。
縁起が良い植物だそうで、お正月にも玄関に飾っていたのですが、寒さにも強いということで、購入してからすでに、半年が絶ちました。
嬉しいことに、気候により、だんだん、色や形が変化してきたことに気づきまして、更に楽しんでおります。
秋から冬にかけては、葉の色が、パープルが強かったのですが、3月くらいになると、色が抜け、白が強くなりました。
「もうそろそろ終わりかな…。」と、処分しようと思っていたら、今度は、葉に緑色の模様が入り、丈が伸びてきました。
これは、もしかしたら、これは「踊り葉牡丹」というものなのでしょうか?
なんだかもったいなくなり、そのままにしていたら、中心部分に蕾の赤ちゃんのようなものが出来始めました。
調べたら、このまま育てると、花が咲くのだそうです。
と、なると、一年間は楽しめるということですね。
挿し木もできるみたいですので、このまま成長させて、また冬までに、新しい葉牡丹を育ててみたいです。
なんだか、キャベツみたいで、あまり好きではなかったのですが、ラッキーでした。
このように変化する植物だなんて、不思議ですし、とても癒されています。
虫さんに食べられないように、気をつけて、今後も大切にしたいと思います。

Copyright(c) 2013 毎日楽しい出会い All Rights Reserved.